おまとめローンが特別なものなのかというと、実はそうではありません。例えば、ある消費者金融から50万円を借りていて、そして別の消費者金融から30万円を借りている場合、さらに別の消費者金融から80万円を借りて、すでに借りている50万円と30万円を返済してしまえば、これによって借り入れを一つにまとめることができます。これがおまとめローンと呼ばれるサービスの仕組みだと言えるでしょう。

このようにしてまとめることができれば何も問題はないのですが、総量規制が影響してできない場合もあります。総量規制では、年収の3分の1までしか借り入れをすることができません。例えば300万円の年収がある人なら、100万円までなら借りることができます。キャッシングなどの場合には、合計で100万円の限度額を確保できると考えておきましょう。

ですから、上の例で言うと、最初の状態で50万円と30万円の限度額を確保している場合、すでに合計で80万円の限度額が確保されています。ですから、年収が300万円の人なら、後20万円分しか限度額を確保することができません。ですから、借り入れを一つにまとめるために80万円分の口座開設をすることはできないのです。

このように、総量規制が定められたことによって、一般的なキャッシングのサービスを利用しておまとめローンとして活用することは難しくなったと言えるでしょう。しかし、絶対にこれができないのかというと、そうではありません。総量規制には対象外のケースがいくつか定められているからです。

対象外となるケースには様々なものがあるのですが、債務者が一方的に有利になるような借り入れの場合には、規制の対象とはなりません。これを利用する事によって限度額を確保できる場合があります。上の例で言えば、規制の上限の100万円を一時的に超えることになるのですが、それでも口座開設ができるのです。

ただ、一方的に有利になるという状況がどのようなものかを把握しておくことは必要ですし、手続きも必要となります。一方的に有利な状況というのは、金利が低くなって、そして他の条件が一切変わらないような状態が考えられます。このようになれば支払う利息の金額が小さくなるのですから、一方的に有利な状況だと言えるでしょう。しかし、それ以外にも色々なケースが考えられます。

このようなことがありますから、貸金業法に基づいて債務をまとめるためにある程度の知識は必要だと考えられます。もちろんですが、自分で交渉をすることも可能ですが、金融機関側で何らかの手続きが必要となりますから、元々サービスを提供していないこともあります。このような金融機関では債務をまとめることは難しいと考えておきましょう。大手の消費者金融やクレジットカード会社、銀行など、様々な金融機関がおまとめローンのための専用のサービスを提供しています亜kら、これらを利用した方が手続きは簡単です。

カードレスなら家族にバレない!

貸金業法に基づくおまとめローンで完済しよう!
SGファイナンスは、貸金業者。だから、「貸金業法に基づくおまとめローン」が利用できます。貸金業法に基づくおまとめローンは本気で完済を目指すことのできるおまとめローンです。何社からも高い金利で借りている人は、おまとめローンで一本化して金利を下げて毎月の返済負担を減らしましょう。金利は 9.85%〜18.0%、最大融資額は 300万円。また、中小の業者ですが、審査最短30分、即日融資も可能など大手に引けを取らない迅速さです。更に、フリーローンだけでなく、事業者向けローンや不動産担保ローンの相談もできるので幅広くお金の相談ができます。申込みはスマホやパソコンから。来店不要なので全国対応可能です!
フリーローンからビジネスローンまで多様!
「ご融資どっとこむ」には、フリーローンの他、借換ローン、おまとめローン、不動産担保ローン、事業者向けローン、住宅ローン、レディースローンと、多彩なローン商品があります。どのプランがいいのか、こんな理由で借りられる?といった相談レベルからでもまずは相談できます。特に、おまとめローン、借りかえローン、事業者ローンは、大手消費者金融と比べても得意としているようです。金利は、15.0%〜20.0%ですが、おまとめ・借り換えローンなら、7.3%〜15.0%と低い金利になります。最大融資額も500万円。これなら他社から借り換えのメリットも十分ありますね。申込みはパソコン・スマホからなので全国対応です。振り込み融資にも対応しています。
本気で完済を目指すなら貸金業法に基づくおまとめローン
サンクスダイレクトは金融庁登録の正式な貸金業者。だから、「貸金業法に基づくおまとめローン」を利用できます。貸金業法に基づくおまとめローンは、他の消費者金融で借りている借金を借りかえて1社で返済する方式で、その間追加の融資は受けられません。他社への返済も代理で行われるのでうっかり使ってしまう心配もありません。だから、本気で完済を目指すには最適なおまとめローンです。自分は目の前にお金があると使ってしまうという心の弱い人には最適です。金利は 15%〜18%(不動産担保なら4.5%〜12%)最大融資額 300万円、申込みはスマホからOK、来店不要なのでどこにいても融資を受けられます。

キャッシングエニー

貸金業法に基づくおまとめローンで完済を!
キャッシングエニーのおまとめローンは、「貸金業法に基づくおまとめローン」。他の消費者金融で何社からも借りている人は、一本化して金利も下げてもらいましょう。また、フリーローンとは違い、おまとめローンの金利は 5.0%〜15.0%の安心金利。最大融資額も500万円と頼れる内容です。また、おまとめローンの場合、年収の1/3以上でもOKです。もちろん担保・保証人は不要。申込みはパソコン、スマホから。全国対応です!

プロミス

最短1時間融資も可能!30日間無利息サービス!
おまとめローンご希望の方は、WEBから申込後にオペレーターに相談してください。おまとめ専用なので他社借り入れがあっても気軽に相談できます。ただし、本気で債務ゼロを目指す方のみが対象です!もし他社借り入れを合算しても年収の6分の1に満たないという程度であれば、普通にWEBからフリーキャッシングを申し込み他社に一気に返済してしまうのが一番早いです。プロミスは最短1時間融資も可能なのでお急ぎでも安心です(※1)。それに30日間無利息サービス(※2)で利息負担も少しでも軽減できます。夜間土日祝日でも、WEB申込後に無人契約機や三井住友銀行のローン契約機に行けばカード受取りができその後すぐに借りられます。また、女性で申し込むのがちょっと怖いという人は、プロミスレディース がオススメです。オペレーターが全て女性です。

※1 平日の14時までにWEB契約完了が必要
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

SMBCモビット

消費者金融の中では金利が低く限度額も高い!おまとめにも便利!
モビットにはおまとめローンという商品はありませんが、消費者金融の中では金利が低く限度額も高い(金利 3.0%~18.0%、最大限度額 800万円)のが特徴。そのため、条件によってはおまとめローンとしても便利です。また、WEB完結申込なら電話連絡や郵送物もない(※1)のでプライバシーが守られます。当日振込(※2)も可能なので急いでるときも頼りになります!まずは10秒簡易審査から!

※1 WEB完結申込の利用には三井住友銀行又は三菱東京UFJ銀行に自分名義の普通預金口座を持っていて且つ社会保険証(又は組合保険証)を持っていることが条件です。また、審査で確認が必要と判断した場合は電話連絡があります。
※2 当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要です。ただし、審査結果によっては希望に沿えないこともあります。

アコム

融資限度額が最高800万でおまとめにも使える!
アコムは、比較的金利が低く(3.0%~18.0%)融資額も最高800万円と高め。最短1時間で融資実行(※1)なので急いでる時も便利。更に、クレジットカード一体型カードも発行できる!借りずにそのままショッピングで使える便利さ。

※1 審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)を平日14:00までにFAX送信(FAXで契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)しアコムがそれを確認した場合。また、借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

アイフル

審査は最短30分!即日融資も可能!
アイフルは使途自由なカードローンなので、おまとめローンとしても利用可能。金利も比較的低く(4.5%~18.0%)、融資限度額は最高500万円とおまとめ借り換えに余裕です。最短30分で審査結果が分かるのは業界でも最短クラスです。30日間利息0円だからはじめての人にも安心!まずはWEBから「1秒診断」が便利です。申込はネットで完結し申込当日の振込による融資も可能(※1)です。

※1 申込の時間帯によっては翌日以降になることもあります。

キャッシングのおまとめローンはとてもお得

あらゆる金融機関からキャッシングをしているという場合や、またさらにはさまざまなローンがあるという場合、おまとめローンと言うものがおすすめです。

こちらのおまとめローンですが、まず、あちこちに借金や、ローンがある場合など、それを一つにまとめることにより、金利などが安くなる場合があります。

また、たとえば、さまざまな金融機関から借り入れをしているという場合、返済日などがバラバラである場合もありますし、返済がややこしくなってしまっている場合があります。

しかし、これらをまとめておまとめローンとすることにより、返済日がまとめることができるというメリットがあります。

返済日が分かりやすくなりますので、返済をするうえでも簡単になるということなので、返済計画が練りやすくなったりなど、さまざまなメリットがあるのです。

こうしたキャッシングなどのおまとめローンですが、あらゆる金融機関で申し込むことができますので、まずはどういったところがあるのか、インターネットなどで検索してみることが大切です。

また、申し込んでおまとめローンにしてみたものの、金利は大して変わらなかった、ということにもなりかねませんので、まとめるとどのぐらい安くなるのか、ということを計算するとよいでしょう。

キャッシングによって借りれる確率と勤めた年数

借りる商品は、たいてい年数がポイントになってきます。

そもそも融資申込みをする際には、必ずと言って良いほど申込書に記入をするでしょう。それで記入欄の1つに、勤続年数という項目があります。そこは、重要度はかなり高いです。

一般的に金融会社としては、返済力が高いか否かを重視する事が多いです。会社で長く勤め上げた方々は、それなりに安定した収入があると判断される訳です。したがって年数が長めな方々は、それだけ金融会社から高く評価される傾向があります。

例えばAさんという方は、会社で勤めた年数が3年前後だとします。それに対してBさんは、まだ1年未満という状況です。AさんとBさんを比べると、大抵はAさんが有利になります。Bさんよりは長いですから、返済力が高いと判断されれからです。

一般的には、金融会社から借りる時の年数目安は1年前後になります。会社によって若干差もありますが、大体の所は1年という基準になる訳です。

したがってキャッシングで借りるとなると、申込タイミングが重要になります。Bさんのように勤続年数がまだ短い時には、もう少し待っておく方が良いでしょう。年数が1年になるまで待っておく方が、借りられる確率も高まるからです。

このページの先頭へ